« 湯の沢温泉 ③ | トップページ | 早戸温泉 »

2009/09/13

北海道2009夏 ⑥

12日、大雪山系旭岳で初冠雪があったそうな
9日には大岳で初降雪だったとか。。。
もう冬支度なんですねぇ。

それはそれとして^^;
ちゃっちゃど進もう!








2009年8月5日・水曜日




朝6時前、
快適な目覚めでした^^
夜は雨も降らず穏やかだった。

テントから這い出すとガスが低く下がってました。

霧の湖面に浮かぶカヌー。 
心静かになりそう。
20090809_3_09320090809_3_092












前の晩一緒に酒盛りしていた広島のHD乗りさんから、
マフィン・パン・ドリップコーヒー、&さばみそ缶 をいただく^^
前日、多和平で買ってきたそうな。 一緒に朝食。




この日は、2湯4敗の日。。。
今回もスクロールいっぱい&リンクだらけ^^;
人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home






霧も晴れてきて7時過ぎ。 正直、何も決めてない^^;
いくつかの温泉&林道でも入ろうとマップル持って出発。林道走るとき五月蝿いのでボックスまで外したかったが一応付けて行くことにした。




7:35AM
エネオス摩周湖SS
セミセルフって??
走行182.5km 給油4.92リットル ≒ 37.1km/ℓ




国道243号を前日とは逆に進む。
自衛隊の車両と沢山すれ違う。東北もだけど北海道は演習地が多いですね。
北を守る実配備も多いのでしょう。

途中、霧雨となりカッパを着るが直ぐに止む^^;
やや寒いのもあって着たまま走行。

国道243号から道道885号に入り、そのまま直進して道道150を北東へ。
道道885号と道道150号/道道505号の交差点は結構通過する。迷子になっても(此処でなるか?^^;)、この交差点に来ると基点になります。 


20090809_3_097















で、
養老牛温泉の近くにあるからまつの湯でも入ろうと温泉街を抜けて行くのだが、、、
細い砂利道だったのがカナリ工事も進んで途中から立派な舗装道路になっている。でも、もう何年経ってんだ?  所々ある横道の林道は相変わらずの様だが肝心の「からまつの湯」に入る道が見つけられない。あれ?こんなんだったけ?? と思ってるうちに一山越えて反対側の牧場にでてしまった。Uターンしてもう一度探すが、それっぽい枝道は建物があって草刈のおじさん達が数名作業をしていた。ここじゃないよなぁと戻ってみると緑KDXの人も探していた。 結局探せなくて温泉街へと戻る。(仙台戻ってきて調べたらやっぱりその道だったようだ。 上の道から見えた記憶だったから橋のうえからも探したけど分からなかった;;) 




養老牛の温泉街まで戻って、少し気になって橋を渡った川沿いの林道に寄り道。
なんとかの滝^^;の看板の前に林道には似つかわしくないセルシオが停まっていて、下りたら釣りしてた。

20090809_3_104










やっぱ竿持ってくればよかったな。。。














・・・・・
・・・




10時少し前。
開陽台  

暑くてカッパとシャツを脱ぐ。

20090809_3_10620090809_3_114












相変わらずバイクが沢山来ては一通り写真撮ったりして次へと進んでいく。 かつての展望台の写真は何度見ても懐かしい気持ちになる。って、その当時は来た事無いんだけどね^^; 若い頃にメディアで見聞きした情報が心に残ってます。
 
中の食堂はジェラート屋になっていた。納豆と漬物だけ(と、ご飯&味噌汁)のライダー定食は無くなっちゃたんですね。。。
裏にはライダー用のテントエリアがあります。

20090809_3_11320090809_3_123




















展望台から下りてきて、北19号はバイク雑誌等にもよく掲載される道。
これまた順番待ちで撮影。 いっぱい撮ったけどだいたい同じだな^^;








そして、↑の一山向こうも暫らく直線道路。
大きくクランク状にカクカク曲がって道道975号もひたすら10km以上の直線。

20090809_3_12820090809_3_129










20090809_3_13020090809_3_133










周辺の牧場の間は砂利道の直線も未だ未だ沢山有る。
この周辺の道は何処走っても面白そうなんだけど、オフ車の方が気兼ねなく走れます。




道道975号と国道244号のT字路
野付国道もこれまた真直ぐ。

20090809_3_135












20090809_3_13820090809_3_136












20090809_3_139













だんだん暑くなってくる。
やっぱ、北海道でもメッシュジャケットはありだな。
(道北では完全に不要だと思ってた^^;)












・・・・・
・・・




国道244号を斜里方面に5~6km進むと笹の沢林道の入り口。
んで、その先に川北温泉があるのだが、、、

入り口のゲートが閉鎖。
レンタカーの人が暫し停まっていたが引き返して行った。
6月の大雨で土砂崩れのため通行止。

っが、ゲートの横は通過の後が沢山ある。。。




っという事で行ってみる^^;
途中、2箇所ほど崩れていて確かに乗用車は難しいがオフ2輪は全然平気。車高の高い4駆なら大丈夫そう。

(↓これは帰り道。状況が分かっているから多少遊んでます^^)
20090809_3_148












川北温泉
貸切だぁ!^^

20090809_3_14320090809_3_144













泉質:含ホウ酸-食塩硫化水素泉   らしい^^;

気持ちイイspa

女湯は湯船が空になってました。給湯されているが排水口が開いていた。
嘗ては村営川北温泉だったらしいが、建物は無くなり浴場の湯船だけが残ったようです。一応男女別で脱衣所もそれぞれあります。 周辺は熊の生息地なので注意しましょう!(熊が出るのではなく、熊が居ます)

そして、もう一つ恐ろしいことが。。。
大小の蟻んこがイッパイ;;
(フェリーで見たインディジョーンズを思い出してしまった。。。)










・・・・・
・・・




川北温泉を堪能して再び国道244まで戻り、少し進むと今度は「滝の沢支線林道」。
此処も入口ゲートは閉まっている。様子見でセローを木陰において(日ざしが暑い^^)、ゲートから200mくらい歩くがカナリの雨裂が続いてる。。。 が、行けそう。
登山靴の紐を締めてバイクまで戻る。今回はバイクブーツではなくて登山靴を履いてきました。オフ用のバイクブーツ無いし^^;

20090809_3_14920090809_3_150











写真では解からないがかなりハード。入り口から数百メートルは1速ホールド両足を着きながらのモーグル状態。それを過ぎるとややフラットな走りやすい締まったジャリダートが続く。













。。。

っが、
突然、道が崩壊。。。。




20090809_3_153




















あらら。。。

しばし様子を見ながら考える。
もともと沢筋を横切って盛り土をして作った林道部分のようで、道の両サイドは谷。 道の前後で一番低いところが崩れて落ちていて、通れそうな幅も下がえぐれていてオーバーハング。 向こう側には50メートルくらい深い雨裂の上り坂が続いている。

左側のラワンブキや草を足で一通り倒して少しでも道を確保してから、ゆっくりと進みクリア。ちょっとドキドキ。




あとは快適な林道が続く。
ここでもか!ってなくらい林道も直線^^;
林間のクネクネ道も少しあって、やがて牧場脇の開けた道となる。

20090809_3_15520090809_3_157





















薫別林道、滝の沢林道との分岐点に出て、滝の沢林道へと進む。ここもゲートが閉まっていてが2輪ではスムーズに抜けられる。 マップルでは「分岐より2.8km地点右に降りて400mで温泉」とあるが、3km以上進んでも右側に何も無い。 イメージでは橋を渡る前と思い、橋まで着いて戻る。笹薮やらを探すが無くてウロウロ。 またしても見つけられずに最初の分岐まで戻る。


20090809_3_158










今、家でマップル見たら橋の先だった;; って、距離間違ったか? やっぱり事前に地図チェックは大事ですね^^;
薫別林道と薫別温泉は前回もやられてしまったが、次回(あるのか?)は3度目の正直で辿り着くまではチャレンジしたいな。。。(入浴するかは見てからだな) 
なんか、3年前と同じ事してないかい!?^^;












そして、次へ進もうと牧草地脇の道を進む。
舗装路が伸びたのか、別のルートだったか忘れたけどフラット砂利ダートで飛ばした記憶がある。今回は先ほどの分岐点から舗装路だった。








20090809_3_165_2
























写真撮ってみた。
ボックス外せばよかったなぁ。。。^^;
青空も広がっていたが雲も広がってきた。












20090809_3_167












途中、牛が沢山いたので写真撮ろうと寄り道。
入ったときは一斉に皆こっちを見たけど、デジカメ出していたらお尻を向けられた^^;

小多糠を過ぎて国道335号に出た瞬間に空気がひんやり!@o@; ガスも出ている。 海岸通りに出て海の温度が低いのでしょうか?海からガスが上って来ている感じです。

14:05
エネオス標津SS
走行160.2km 給油4.10リットル ≒ 39.1km/ℓ
おろ?林道走ったわりには良いぞ??










国道335号を進む。


20090809_3_171












のら馬 発見!

20090809_3_17520090809_3_170
























道道950号へと入り、初めての野付半島を走る。
両サイドが海となるが、野付湾のほうは遠浅のようで海面が縞模様。
左側には、国後島の山々が見え上部を雲に覆われたいた。

20090809_3_17920090809_3_181












20090809_3_184













野付半島は、海流に運ばれてきた砂が堆積して出来た約28kmの砂嘴。
江戸時代中頃まではトドマツ・エゾマツ・ハンノキ・カシワなどの原生林がありましたが、地盤沈下により海水に侵食され立ち枯れた林となったとの事。 トドワラやナラワラです。 それも、さらに侵食や風化が進んでいるとの事。

また、野付半島・野付湾・風蓮湖は、平成17年にラムサール条約湿地登録されたようです。

ネイチャーセンターで中にシャツを着たのですが、
帰り道も寒くて寒くてガチガチ震える。スピード出せません;;












・・・・・
・・・




国道244号に戻り、暖まろうと野付温泉浜の湯に寄ったのだが、、、
「当分の間 休業させていただきます。」
の張り紙が。。。 本日3湯目の敗退;;

15時過ぎ、
浜の湯近くのセイコマで、毎度の¥100カルボナーラで遅くなった昼食。
そのまま道道363号を内陸方面へと進む。




20090809_3_19820090809_3_202
















・・・・・
・・・

中春別で道道8号で別海町の中心方面へ。












別海町の役場近く。
 ↑「町の人口」より「牛の数」の方が多い^^;

7-11があるよ!(って、この1軒のために弁当とか運んでくるのかな)
町の中でも道路真直ぐ。。。

20090809_3_206















別海温泉 公衆浴場 清乃湯

郡司勇さんもお勧めの清乃湯でしたが、「国の法律(温泉法)の改正にともない、道の勧告にしたがい当浴場は[無期限の休業]に入ります。」の張り紙が貼ってました。 排湯の問題でしょうか?

・・・・・本日4敗目 ;;

20090809_3_208
























・・・・・
・・・

国道243号・パイロット国道を西へと向かう。
前方に太陽が来るので少し眩しい。

16:30頃
海から離れると徐々に暖かくなっていたが、内陸に進むにつれて暑くなる。








20090809_3_212
























20090809_3_21620090809_3_218













ひたすら直線。
年に1度、数年に1度の遊びだからとても楽しいのだが、
これを毎日の仕事で移動するのは飽きるなぁ^^;












・・・・・
・・・












別海道の宿温泉 しまふくろう

20090809_3_224













今度は汗を流そうと、やっぱり一っ風呂。
走ってばかりなので、手足を伸ばして浸かると身体が溶けていく様で気持ちよい^^












20090809_3_22720090809_3_228
























国道243号。
まっすぐ。。。

今日もピースサインの嵐!!
北海道初日からだけど、道東が一番返ってくる。
みんな楽しんでるねぇ^^
















・・・・・
・・・


弟子屈に戻ってきて、前日と同じセイコマ。
この日は買出しに戻らなくて良い様に帰り道で立ち寄る。

¥100円ソースヤキソバに、発泡酒6本。

20090809_3_229















一緒に給油を済ませる。

18:07
エネオス摩周湖SS
走行155.6km 給油4.04リットル ≒ 35.3km/ℓ












キャンプ場へ

20090809_3_232



































和琴半島湖畔キャンプ場に戻ると、夕陽が綺麗に赤くなってきた。
管理棟のおばちゃんが、今日は赤くなるだろうと話していた。

20090809_3_235













20090809_3_24320090809_3_250
























この夜は、日本一周中の熊本から来たZ1000のおにーさんと夕陽を見ながら飲む^^ いろいろ行かれている様で立山/黒部ダムなどの話しをした。羨ましい限りだが、その話し方から彼の人柄が伺える。彼にもイロイロあるのだろう。 
休暇1週間がMAXな会社員ではやっぱり一気の日本一周は難しいな。(1週間遊べるだけでも十分贅沢ではあるが。。。) 年齢を重ねるとやりたい事は益々増えるのに、可能な時間はどんどん残り少なくなってくる。








20090809_3_a












この日もテントに戻ってお休みなり。。。


人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home





8月5日(水)の走行距離 : 350km
しさしぶりの腹一杯な走行でした^^


___________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
         北海道2009夏 ⑤          北海道2009夏 ⑦
___________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________









|

« 湯の沢温泉 ③ | トップページ | 早戸温泉 »

コメント

私も何年か前に薫別温泉入ろうと思ったのですが、
やっぱり見つけられませんでした。
だいぶぐるぐる走り回ったんだけどなぁ~。
今だったらナビで行きつけるかな??

投稿: くに | 2009/09/13 19:46

くに さん、いらっしゃいませ!
私もだいたい解りました。
って、あの先もう少しだったじゃん^^;
まぁ、見つけるのも楽しみの1つなので楽しもうかなと。

今回はとにかくバイクで走りたいと思っていたところの一部をマズは走ってみようと! 車だと躊躇する所でも進めるのがオフ2輪の魅力ですね^^

投稿: 放浪番頭@home | 2009/09/13 22:53

>のら馬 発見!
おっとびっくり!まだ5日なのに発見されちゃいましたか・・・(笑)


薫別惜しかったですね~。あと50m先だった記憶があります^^
年々厳しいようでもう車では行けないんですよね・・・

3年前のをTBしときます♪

投稿: のら | 2009/09/14 23:41

のら さん、まいどです。
いっぱいいました のら○○^^

薫別温泉入られていましたね!TBどうもです^^
分岐のところのゲートが各方面とも閉鎖されていたので車は無理でした。今年6月の大雨の影響みたいです。
ゲートが閉まっていなくてもラワンブキや草木で車は抵抗ありますね。。。

投稿: 放浪番頭@品川 | 2009/09/15 20:23

オフは林道もお構い無し
なので楽しそうですね~♪
あっ、でもあれ(崩壊)に出くわしたら
引き返します、小心者なので(爆
「さて、どうすっか?」なんて考えてる
番頭さん思い浮かべるだけでヒヤヒヤ~。

投稿: 七海 | 2009/09/16 01:24

七海さん、いらっしゃいませ!
オフ車1台あると楽しいですよぉ~^^

あそこは1人だったので少し考えましたが、前後左右を確認してから進みました。天然の1本橋状態^^; 実は、その先の深さ4~50cmの雨列数十mの方が怖かった。。。

こういう場面だとトライアル車は良いけど、オフ車のレーサーもどきは厳しいですね。セローやシェルパみたいなのがトコトコ進むのには良いと思います^^

投稿: 放浪番頭@home | 2009/09/17 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/46192060

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道2009夏 ⑥:

» 薫別温泉 [NORAの温泉三昧]
今回の旅で最も難易度が高くかつ危険地帯なのがここ薫別温泉なのであります。 なんたって熊生息地帯に入っていくわけですから熊鈴やらラジオやら準備万端で臨みましたよ。 越川温泉から国道244号線の金山側の入り口は確認できたのですが、北7線の古多糠からがいいとの事で滝の沢林道の入り口を探しましたが見つかりません。( ̄□ ̄;)!! 探し回っていると金山側の滝の沢支線らしき林道(あぜ道のよう)に遭遇しそのまま直進するとやっと入り口に到達です(;-_-) =3 フゥ ここから枝道に迷わぬようなんとか最..... [続きを読む]

受信: 2009/09/14 23:41

« 湯の沢温泉 ③ | トップページ | 早戸温泉 »