« 六角レンチ | トップページ | ハーレー検定 »

2008/05/25

東北めぐり21  1日目



森吉山 です。




気合入れて4:30に起きたら、雨! ;;
(2008年5月17日)

朝、仙台周辺だけだろうとは思いながら。。。
しばらく待ってみたものの、しかたなく車で出発したのですが。。。

家の近所で朝飯食べてたら何となくイケルかな!?な天気になってきて一度自宅へ戻り、装備整えセローでの再出発でした。 6:30、人生初!のカッパスタート;; 
(実は、人生初のバイク用のレインスーツを購入していたのだ!) 
雨は止んではいるものの、未だ未だウェットな路面。 12Rでは絶対出ないな^^;


んで、セロー高速道路初体験! 泉を過ぎるあたりから路面は乾いてきて空も青くなり、バイクで出てきて正解と思います。 って、新品のカッパもたいなくね?^^;

どのルートにするか考えながら大和あたりを走っていて、やっぱりセローでは高速キツイなと思い、鳴子→鬼首→雄勝→横手→大曲→角館→阿仁 をイメージして進む事にします。 サスガに目的地が決まっているとルート選択も早い^^;




んで、古川I/Cで降りて国道47号を鳴子方面へと進みます。

20080518_004












人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home



久々に?話が長~い!^^;





鳴子温泉は良く来ますが、↑此処はトイレもある川沿いの大きな駐車場なので車中泊には良いかも。 馬場温泉の前です。
んで、朝の散歩中のオジーサンとオハヨウの挨拶を交わしながら休憩。
未だちょっと寒いかな?と思いながら此処でカッパを脱ぎます。。。。。 
(やっぱり寒かった)


先が長いので早々にスタート。
国道47号から国道108号へ入り、途中の鳴子ダムでセローに乗りながら写真だけ撮って先へと進みます。

20080518_01020080518_018










国道108号仙秋サンラインが出来てからは秋田側(雄勝)に抜けるのが通年出来るようになりました。旧道の鬼首峠越えも「それなりに」楽しかったのですが^^、鬼首地区の方々をはじめ、新道はライフラインとして重要な道となっていますね。




秋の宮温泉を通り抜け、役内側沿いを走って国道13号との交差を右折し、
「道の駅おがち」で休憩。

・・・・・
・・・




そして、
国道13号を500mほど戻って、雄勝こまちI/Cから湯沢横手道路に入ります。 湯沢I/Cまでは無料ですがイツまで無料かは不明?!(ってか、高速道路の無料化はどーなたっんだ!) 

んな事とかイロイロ考えながら走ってると、やっぱり時間的に厳しいかなと思い、大曲まで高速使うことにします。途中の秋田自動車道との横手JCTではナカナカ楽しい走りをしてくれました。セロー君^^。  それにしても、カウルの無いバイクで高速道路を走るのは初めてじゃないかな。。。  やはり100km/hの風は新鮮でした^^

大曲I/Cを降りて、「さて、どっちだ?」^^;  
国道105号を角館方面に行けば良いのは解ってるけど「角館はどっちだ??」^^;

毎度の地図持ってないし。
って、事で交差点にあったコンビニに入ります。

すいません。。。  地図の立ち読み^^;

んで、国道105号を角館へと向かいます。 なんだ!1kmくらい走ったら知ってる道にでました^^ 秋田自動車の大曲I/Cって降りたことなかったので^^;






国道105号を北上します。
角館で昼飯にしようかと思いましたが、未だ早かったのでそのまま進みます。
角館で一度、国道46号と一緒になりますが左折して国道105号に戻り、そのまま阿仁方面へと北上します。

途中、給油をして離されたW650?400?に追いつきます。  
なんか、空が黒くなってきたぞ!

20080518_023_2
















! 雨だ。


桧木内の手前辺りから振り出した雨は、急に結構な勢いで降り始めました。
なんか雷もなってるぞ^^;

って、、、
カッパを着ようと思いながら軒下っぽい所がないかと少し走り、いい加減濡れてから 大きな木の下で止まってカッパを着始めた頃には雨は小降りに。。。 カッパ着て走り始めたときは止んでました;; 
あー、雨降り初心者(晴れ男だから^^)。 
ってか、下手にカッパ持たない方が割り切れて気が楽なんですけど^^;

そんなこんなで、再び青空となった道を進み「道の駅あに」に到着です。

20080518_025










此処でカッパを脱ぎます。
ジャケット干しがてらセローのシートに置いて、トイレ休憩。
ま、走れば乾くだろうと、直ぐに出ます。




「道の駅あに」は、打当川が比立内川に合流する所にあります。
比立内の集落ではアメ流しはもうしてないのでしょうか?^^; 
( 禁止されている漁↑です。小説に出てくる、「お祭り的な」という意味で。。。 )

邂逅の森ネタにはなりますが、今回 此処に来たかったのは、阿仁鉱山と、打当の集落をあらためて見たかったからです。この辺りは通過することがあっても目的地として来た事がなかったので。。。 




・・・・・
・・・

んで、
県道308号を打当へと進みます。 

打当温泉は以前、夏と冬の2度ほど来てます。 夏に来たときは、そのまま玉川方面に抜けましたが冬は閉鎖されています。 この日は5月中旬でしたがもう抜けられるのでしょうか?

打当温泉は相変わらず「熊」の口から湯が注いでます^^
マタギ小屋が出来ていました。

20080518_033












帰ってきてから知ったのですが、濁酒ソフト!食べたい^^
アルコールが入っているようなので、泊まりじゃないと無理かな?
運転手でなければOK^^;






・・・・・
・・・


宿が決まってなければ、このまま峠越えをして玉川方面(玉川温泉の南側)に抜けても良いのですが、この時期は通れるかどうか確認したほうが良いですね。雪は大丈夫でも、整備出来てない微妙なタイミングです。 この日は、此処(打当)から森吉山をはさんで北側の宿に泊まる予定だったので、周辺をウロウロだけして。。。

打当温泉から、再び同じ道を戻って比立内へと向かいます。途中、秋田内陸縦貫鉄道・阿仁マタギ駅によります。

20080518_048












しかし、富治に限らず、昔の人はよく歩いたんですね。
(ま、それが日常であればって事も思いますが、それでもシンドイだろな)


この地域に鉄道が通ったときは、ホントに嬉しかったのではないでしょうか。生まれた時から公共サービスが当たり前の生活をしている人には(私も含めて)理解できないかもしれませんが、それこそ番頭が生まれた時代には未だ未だ自給自足の生活が当たり前の地域が沢山ありました。




ま、一人旅はイロイロと思いにふける旅でもあります^^








・・・・・・
・・・




再び、「道の駅あに」まで戻り国道105号を北上します。

20080518_050
















・・・・・・
・・・




阿仁鉱山 です。
今は閉山していますが、嘗ては日本一の銅産を誇り、様々な鉱産をおこなっていました。

阿仁鉱山は、次の六ヶ山を総称し阿仁鉱山と呼ばれています。
小沢銅山 、真木沢銅山 、三枚銅山 、萱草銅山、一の又銅山、二の又銅山




富治は小沢に石塚金次さんを尋ねて行きますが、打当から小沢までは結構(距離)ありますね^^;

20080518_053










20080518_05420080518_061










阿仁鉱山に限りませんが、全国の鉱山、炭鉱の街が華やかだった頃はさぞかし賑やかだったんでしょうね。夕張とか、九州の、、、何処だっけ^^;
その時代時代の花形産業です。時代によって成長した産業は数々ありますが、
エネルギー産業や、鉱物?通貨?宝物?(金、銀、銅、水晶、、、、とかって、なんて言うんだっけ?^^;)は人類が、人として暮らすようになってから重要な産業ですね。 もう少し北にある小阪鉱山(またの機会に訪問しよう!)も、イロイロな文化を各地から運んできたようです。
当時、この東北の奥地(失礼^^;)に出来た異人館は、さぞかし珍しかったでしょう。


自分の仕事も、あと10年したらどーなってるんでしょうねぇ。。。




・・・・・・
・・・




再び、国道105号を北上します。

県道309号との交差点にある観光案内所 四季美館 に立ち寄ります。よく解らないまま「なんこ鍋」をお土産に購入。 食堂はもう営業時間を過ぎていました。 って、昼飯食べてません ;;
途中、秋田内陸縦貫鉄道・阿仁前田 駅にある温泉「クウィンス森吉」を外側だけ観て^^ 県道309号へ戻ります。










・・・・・
・・・


県道309号くまげらエコーラインを東へと進みます。徐々に標高が高くなってきた頃に、建設真っ最中の森吉山ダムが見えてきます。
高さ89.9m 長さ786.0m 体積585万㎥ の巨大なロックフィルダムです。
大きすぎて写真1枚に入りきらない^^;

20080518_082










20080518_08520080518_080










ダムの建設についてはナカナカ難しい気持ちで、基本的には反対です。 レベルが違いますが、堰堤とか誰が見ても無駄だろうと思うような所に作っていると悲しくなります。 とは言え、ホントに必要となるダムもある事も理解してはいますが。。。
難しいですね。
このダムが完成したら、繰り返してきた阿仁川・米代側下流域の水難がなくなります。 ま、イマドキ^^のダムなので多目的ダムではありますが。
んで、この巨大な建造物が出来上がればまたしても広大なエリアが水の中に沈みます。左下の写真はダムの上流側で、何年後か?には観られなくなります。






・・・・・
・・・
またしても、ひたすら走るのだ!^^/


20080518_09020080518_092












余計なことを考えずに、

青い空と気持ちよい風のなかを走っていると、
バイクに乗っていて良かった^^ と心から思います。




んで、今日の宿の前に(ホントはこっちに泊まろうと思っていた)杣温泉旅館です。

20080518_098








泉質:含石膏-弱食塩泉(緩和性低張高温泉)

効能:リウマチ性疾患・運動器障害・創傷・慢性湿疹及び角化症・
   虚弱児童・女性性器慢性炎症・卵巣機能不全・
   子宮発育不全症および月経障害・更年期障害


20080518_10720080518_103










新緑が綺麗な露天風呂はあまり熱くないので、ゆっくり入浴できます。 
好みですが、やや熱めの内湯のほうが好きではあります^^

宿の中には57cmの岩魚の剥製をはじめ、岩魚・山女の写真がたくさんありました。 ご主人いわく、この辺は上から下まで何処でもいる!らしい^^
やっぱり竿持ってくれば良かったなぁ。。。と思いながら県道まで戻ります。






・・・・・
・・・


そして、杣温泉旅館から戻って県道沿いにある国民宿舎森吉山荘がこの日の宿です。直ぐ近くです^^
実は、、、 素泊まり¥2,500円、朝食付き¥3,000円の期間限定プランをしていました^^ (え~、、、5月末までのようです^^;)




20080518_2_002










立派な山荘です。
(ま、北海道のトムラウシにも、いい加減山のなかに立派な山荘がありますが^^)


20080518_2_01920080518_2_021








20080518_2_029










源泉名 : 「杣温泉」
泉質  : 「含石膏一弱食塩泉」(緩和性低張高温泉)
効能  : リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹及び角化症、虚弱児童、
      女性器慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症及び月経障害、
      更年期障害


立派な設備ですね。この値段で泊まれるならやっぱり正解^^
(普段は¥8K↑です)




日が暮れる前に少しだけ遊びで、
メット無しでトコトコのんびり周辺を走ってみました。
やっぱり気持ちは良い^^ですが、あくまで散歩スピードです^^; 。。。。




んで、晩飯の仕入れも出来ないまま此処まで来てしまったので^^;
売店に何かあるだろうと思っていたのですが、、、、(マイガーっっ!)

酒のつまみしかねぇーべや!!

って事で、カップな「きりたんぽ鍋」¥630円!@0@; と、お土産レトルト「なんこ鍋」の、チョー豪華な宴^^; 
自販機のビール&酒だけはタンマリ有ります^^(←これ大事)。

20080518_2_014










カップ「きりたんぽ鍋」は値段の割りには具がちょっと物足りない。
味は良いのですがねぇ。。。

それよりも「なんこ鍋」!
コイツは良い^^
馬のモツ鍋ですが、良い味です。このレトルトは味付け馬モツだけですが、カンデーコン(寒大根/凍大根/凍み大根、、、東北地方では地域によって呼び方が様々ですが、凍らして干した大根)とか、牛蒡とか、野菜を入れるとカナリ美味いでしょう!!
シマッタ。あと2袋くらい買っとけば良かった!^^
馬ホルモンではなく、馬肉バージョンもあるようです。

馬肉は小さい頃から慣れ親しんだ食べ物です。
ってか、牛肉は高校になるくらいまで食べたこと無かったような。。。^^;

そんなこんなで、酒が進みます^^
(でも、11時前には就寝)    
Jさん、此処はケータイ圏外ですた。。。








1日目

仙台南1/C ~東北自動車道~ 古川I/C ~R47~ 鳴子
 ~R108~R13~ 雄勝 ~ 雄勝こまちI/C
 ~湯沢横手道路~横手JCT~秋田自動車道~ 大曲I/C
 ~ R105 大曲 ~R105~ 角館
 ~R105~ 仙北 ~R105~ 阿仁 ~R105~ 阿仁前田
 ~K309~ 国民宿舎森吉山荘

あれ?たぶん、走行350kmくらい^^; (もう忘れた。。。ってか、メモ無くした。)




人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home



本日の1曲 : ミス・ブランニュー・ディ (サザンオールスターズ)
本日の温泉 : 蔵王温泉共同浴場 川原湯共同浴場


________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
        ←東北めぐり20 ②        東北めぐり21  2日目
________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________







|

« 六角レンチ | トップページ | ハーレー検定 »

コメント

う~ん、すんばらしい~!です。
私にとってはモデルプランのようでツボです!
今年の夏は北海道と思っていたけど、東北めぐり
もいいな~なんて思っちゃいます。

>くまげらエコーライン
クマゲラいるのかな~。
そっちにもそそられる今日この頃。


投稿: くに | 2008/05/25 21:01

くに さん、いらっしゃいませ!
東北も良いでしょ^^

クマゲラいるようです。
この辺りまでが南の限界?らしく、秋田岩手の県北あたりまでのようです。
観れませんでしたが、森吉山の野鳥センターもあります。
(ってか、この辺りは野鳥のパラダイス^^)

投稿: 放浪番頭@home | 2008/05/25 22:45

以前よりブックマークして拝見してました のら と申しますm(__)m
森吉山荘は泊まる事はないと思ってましたが、この値段なら話は別ですね^^
杣温泉は私も先月行きましたが、とてもいいお湯で遠くまで行った甲斐がありました♪
どこかでお会いするかもしれませんが今後ともよろしくです。
TBさせてくださいね♪

投稿: のら | 2008/05/27 19:13

のら さん、ようこそいらっしゃいませ!^^
TBどもです。

すごい!いろんな温泉にはいられてますね。
どっかでご一緒してるかも!?^^

杣温泉!良いですね。
今回は値段に負けて森吉山荘でしたが、杣温泉旅館のお湯は満喫しました^^

こちらもチョクチョク拝見させて頂きます!
参考にさせて下さい^^

投稿: 放浪番頭@home | 2008/05/27 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/41303210

この記事へのトラックバック一覧です: 東北めぐり21  1日目:

» 杣(そま)温泉旅館(杣温泉) [NORAの温泉三昧]
以前より訪れてみたかった山奥の温泉に行ってきました〜\(^O^)/ これぞ秘湯の一軒宿でお昼近くでもお客さんは誰もいません。 (帰るまでも誰も来ませんでした^^) 内湯と露天があり、まずは露天から入らせていただきました。 泉質は、ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉のまろやかなお湯で、40℃ほどの湯温の中、思う存分浸かってきました〜♪ [[attached(1,center)]] [[attached(2,center)]] 源泉は1本らしいのですが2系統から供給されて..... [続きを読む]

受信: 2008/05/27 19:15

» 日帰り情報です [日帰り旅行]
全国の日帰り旅行・温泉・ドライブ・キャンプ情報です。 旅のお供にご利用ください♪ [続きを読む]

受信: 2008/06/11 14:02

« 六角レンチ | トップページ | ハーレー検定 »