« 東鳴子温泉 ① | トップページ | 秋保温泉⑥ »

2007/11/05

赤湯温泉 ②



温泉公衆浴場 とわの湯 です。
山形県南陽市赤湯


秋の(蔵出し)温泉特集!第三弾^^




・・・・・
・・・

20070902_011











人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home




赤湯温泉は開湯900余年の歴史を誇り、今もさまざまな逸話や伝説が残る場所です。傷を負った兵士達が湯に浸かって治し、湯が赤く染まった事から赤湯となったらしい。

また、イザベラバードが明治11年に訪れ、日本奥地紀行に米沢平野の事を「アジアのアルカディア(桃源郷)」と記しています。
ハイジアパーク南陽には小さいけどイザベラバード記念コーナーがあります。一回見れば十分だけど^^;)




・・・・・
・・・


赤湯温泉には5つの公衆浴場があり、¥100円です^^

「とわの湯」はよく利用します。


20070902_003












泉質 含硫黄ナトリウム・カルシウム塩化物温泉
泉温 63.0  PH7.7
効能 切り傷、火傷、皮膚病など




20070902_001








ここも、カランはある事はありますが、地元の方たちは湯船の湯で全身を洗います。 
よく「身体を洗ってから入浴して下さい」の看板を見ますが、基本的に湯船の湯で全てを賄う場合や循環しないかけ流しの湯では入浴する前に全身を洗ってから入浴するのがマナーです。 ちょいちょいと湯桶で湯をかぶって入浴する人がホトンドですがキチンと身体を洗ってから湯船に入りましょう!
ま、風呂に入るのにイチイチ煩い事言われたくねーよ!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが皆で気持ちよく利用するのに実践して頂ければと思います。




人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home












________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
           ←赤湯温泉             赤湯温泉 ③→
________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________





|

« 東鳴子温泉 ① | トップページ | 秋保温泉⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/16965542

この記事へのトラックバック一覧です: 赤湯温泉 ②:

« 東鳴子温泉 ① | トップページ | 秋保温泉⑥ »