« 阿部典史さん(ノリック)事故死 | トップページ | 仙台ツー2007 »

2007/10/11

東北めぐり20 ②



久々の日帰り弾丸ツー! 帰路編。




大間についたのがPM1時近く。
想定では午後1に帰路へ出発するつもりが遅れ気味。
暗くなる前に家に帰りたかったが既に無理なスケジュール;;

20071003_06020071003_063_2








今気づいたけど、ホントに距離半分だったんだ!
(986km ÷ 2 = 493km)
全く同じルートとは言え綺麗にそろったもんだ^^




ヘロヘロな身体を少しは休ませようと 冷たい缶コーヒー飲みながら久々に煙草を一本。
整備された波打ち際で対岸の北海道を眺めながら暫し休憩です。
さすがにこの時間になると20℃近くとなり程好い気候。




20071003_06920071003_076












んで、
大間崎の滞在30分。
ちゃっちゃど仙台へ向けて出発!


人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home やえ






・・・・・
・・・

PM1:30 大間岬を出発して再び国道279号へ・・・
国道338号・海峡ラインを回って行くことも考えたが時間最優先で来た道を帰ることにする。状況が解っているので「それなりに」飛ばす。左手には津軽海峡を挟んで北海道の亀田半島が見え、恵山の海沿いにあった温泉が思い出される。 

大畑を抜けるまでは道が細く集落の間を抜けるので慎重に走り、下風呂温泉に心引かれながら駆け抜け、軽い山越えで時間短縮を狙う。

むつ市街地で少しペースダウンとなるが、国道338号に入り太平洋側までの軽い山越えから六ヶ所村まではカナリのペースアップで挽回する。

六ヶ所村近辺の国道はよく整備されている。さすが国家事業を抱えている村だと思う。石油備蓄基地なんか空の上から見ると壮大なタンクの列が並んでいる。
現代の人間生活には欠かせない電力であるが、火力での生産には燃料枯渇や自然環境への影響が将来にわたって問題とされており、原子燃料への代替が進んでいる。 しかし、万が一の事故や制御不能となった場合の環境破壊と人類を含む生物への影響は計り知れない。 利便性のために地球そのものを危険にさらすと解っていながら、その恩恵を手放せない人間とはなんと愚かな存在だろう。しかも、その恩恵は地球上の何割かの人間だけが受けているのである。そして自分もその一人である。

この辺りを通るときは毎度そんな事を考えてしまう。
つくづく矛盾した考えではあるが、どうしようも無い事もあるなと・・・
もちろん、万が一の事故も起きないようにと日々努力している人たちのおかげで生活が出来ているというのも事実である。

20071003_082












しかし、道は快適で更にハイペースで進む^^。

・・・・・
・・・


国道338号から県道10号へと右折。三沢市街地へと入る

三沢市で4回目の給油 PM3:39
走行距離不明^^; 14.35ℓ
10時過ぎに一度寄っているGSに入ると同じオネーサンが対応。
二輪免許は持ってるがバイクは無いとの事。もう少しで雪が降ってきますよと笑っていた^^  (そのネイルアートは可愛いけど剥がさない様にね^^;)


少々渋滞気味の三沢市街地を抜け、来た通りにみちのく第二有料道路へと入る。
20071003_085










周りに広がる畑?に肥料でも撒いてるのかスンゴイ香り!!のなかをダッシュで進む。まもなく料金所があるが、百石道路との料金所も兼ねており今朝は高速代+150円現金を取られた。一本化すれば良いのに。




此処から更にペースアップ!
夕日が傾いてきました。

20071003_089










百石道路→八戸自動車道へとつながり、八戸JCTを過ぎると片側二車線の高速となる。八戸自動車道は山越えのカーブとトンネルが続く高速道路。80km/h規制だが走っている車が少なくハイペースで追い越し車線をメインに2車線をフルに使う。 それにしても何だよこの路面は! もっと平らに作れないもんかね。


安代JCTで東北自動車道に合流。路面も一時まともになるが畑PA前後は荒れており12Rも跳ね気味;; 冬季は事故の多い竜ヶ森トンネルを抜けて岩手山SAまでひたすら下り坂。 
カナリのハイペースとなる。

岩手山SAで5回目の給油 PM4:52
走行距離不明^^; 9.02ℓ

既に薄暗くなってきており夜間走行を覚悟しながら、少しでも明るいうちに進もうと給油しただけで再び走り出す。帰りはすべて給油のみで休憩なし;;
岩手山SAを出るときはもう薄暗くなっており、ミラー処理はしているがライトスモークのシールドで良かったと思う。コンタクトも入れてるので視界はとりあえず確保されている。




ここから暗くなるまでスーパーRUN!
身体はカナリ疲労しているが集中力は最大となる。

ミケタupの速度差では周りの動きを正確に把握し予測できなければ即大事故になる。はるか前方の車の動きを注視しながら後ろも小刻みにチェックする。走行車線の車がP車かどうかも忘れない。確信犯である。


何故こんな危険なことをするのか?
そんなことすら考える事も無く、ひたすら前方を睨みつけアクセルを開ける。
ただただ前にいる奴に追いつき追いこす為に。

結局、いくら追い越していっても限が無い事は解っているのに、
走っている間だけは夢中になれる。






・・・・・
・・・


暗くなるとやはりペースダウン。
一関I/Cを過ぎた頃にはすっかり暗くなり、通行量も多くなっておとなしく追い越し斜線を並んで走る。前方がクリアになれば次の集団までダッシュを繰り返す。


長者原SAで6回目の給油 PM5:53
走行距離156.3km    12.69ℓ




暗くなってきて高速道路を走るバイクも少なくなってきたなと思いながら長者原SAのGSに入ると3台のバイクが給油中。サイドスタンド出して12Rから降りようとすると足が上がらない^^; 飛ばしているときって中腰になってるから膝にくるんだよな・・・。(大間から乗りっぱなしで此処で初めてバイクを一旦降りる)

給油して直ぐに本線に戻る。
ここからはあまり無理せずタンタンと追い越し車線を並んで走る。

鶴巣PAを過ぎて下り坂のオービスを抜けると東北自動車道はワインディングロードとなる。事故の多い区間で常時80km/h制限。夏の早朝など空いているときは2車線いっぱい使って遊ぶときもあるが、この日はやや交通量も多いので無理せず追い越し車線を走る。

とにかく早く帰りたくて、前走車が走行車線に戻れば無理せず先へと進みながら前方が空いたときは「それなり」にダッシュをしていると、車高を落とした幅広ランクル100が絡んできた。実は意外とこのての車が絡んでくることが多い。そのままのペースで走っていると仙台宮城~仙台南までの間で前にでたり抜かれたり(元気な時はぶっちぎるか相手にしないけど)、仙台南I/Cでさようなら。


仙台南I/C、 6:51に戻ってきました。
アイドリング少し高めですね。

20071003_108










いつもの国道286号を長町方面へと戻ります。
今回も無事に家に到着。
何事も無くホッとする瞬間です。

20071003_112










走行距離986km
AM5:45~PM7:09
給油6回


久々のリフレッシュ!
頭の切り替えにはやはり必要です。




人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home やえ







________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
        ←東北めぐり20 ①        東北めぐり21 1日目 
________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________





|

« 阿部典史さん(ノリック)事故死 | トップページ | 仙台ツー2007 »

コメント

おばんです。
という事で、もともと要交換のタイヤ前後が逝っちゃいました;;


・・・・
・・
JUNさん、
13日はAM家の掃除のためお迎えはPM以降です^^;

投稿: 放浪番頭@home | 2007/10/11 22:11

お疲れ様!
いや~走りましたね!

ときどきアホみたいに長距離一気をすると
なにかが落ちて(?)、なんだかいろんなことを
バリバリできる気がしてくるから不思議。

長距離ハイスピード一気の、あの緊張感
・集中力の持続ってすごいですよね。
その後のしばらくの脱力、脱力の後の
いうなれば覚醒。

読んでいてちょっとぞくぞくしましたよ!

投稿: くに | 2007/10/11 22:58

番頭さんおばんです。
小生、明日は人間ドックで会社オヤスミです。
バリウム飲んで軽量化を図り、13日の仙台某所ツーに突入です。超ハード!!
予定はAM6:31発→道の駅田島AM9:30→喜多方某所(ラーメン)11:00→米沢~秋保経由→仙台某所15:30予定です。
p.sカミサンが番頭さんへのお土産買って来てくれますた。お楽しみに(*^^)v

投稿: jun | 2007/10/12 00:01

くに さん、いらっしゃいませ!
>なにかが落ちて~
→そう、なんかスッキリします! 本当に欲してくると意味無くひたすら走りたくなります。 理屈じゃないんですネ^^; 
普通に観光で遠出するよりも充実感が得られるのは何故なんだ?^^

あの緊張感・集中力は生きてる感じがして好きです。少々ジャンキーかもしれませんが^^; でも、安全確保は最大限注意です。

投稿: 放浪番頭@home | 2007/10/12 00:41

JUNさん、まいど!
あー!オレもドック入りしないとなぁ^^;
13日はケータイで連絡取れるようにします。米沢からR13号考えてる?

投稿: 放浪番頭@home | 2007/10/12 00:45

番頭さんおは酔うございます。
米沢からR13号考えてます。
一部有料道路が有るので利用しようかと。
R286は、一部山形自動車道使用です。
安全運転、爆音組で参ります。

投稿: jun | 2007/10/12 07:27

一日に約1,000キロですか?!!
凄い!
ツーリングモデルでも辛いのに、かっとびましたね~。
僕もがんばって乗らねば。

投稿: いちもんぢ | 2007/10/12 15:15

番頭さんおばんです。
H氏、業務多忙のため断念の連絡あり!
流石に今回は夜着もなさそう・・・。
現時点3匹です。ヨロ!

投稿: jun | 2007/10/12 17:46

いちもんじ さん、いらっしゃいませ!
逆にツアラーだとこんなハシリはしないと思います。

あくまで気持ちのありようで、私の場合はSS系で気合入れてハシルのが好きなだけです。(年に1回くらいですが^^;)でもやっぱり疲れました^^;
バイクの種類によって、また個々の好みによって、いろいろな楽しみ方や使い方があって、のんびりトコトコとアチコチ寄りながら走るのも良いですね^^

投稿: 放浪番頭@home | 2007/10/12 22:01

JUNさん、まいど!
3匹了解しました^^

米沢すぎたら連絡下さい。こちらの状況によりお出迎えします。
(13号北上だと、南陽市の赤湯温泉・温泉銭湯(共同浴場)も良いのですが^^)

投稿: 放浪番頭@home | 2007/10/12 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/16722059

この記事へのトラックバック一覧です: 東北めぐり20 ②:

» ランドクルーザー200 [ランドクルーザー200]
トヨタのSUV(スポーツ用多目的車)ランドクルーザーが約十年ぶりに新しくなりました。どんな悪路でも壊れず走り抜けるクルマとして、世界中の人達に愛用されている。新型は8代目です。 [続きを読む]

受信: 2007/10/16 09:42

« 阿部典史さん(ノリック)事故死 | トップページ | 仙台ツー2007 »