« 二輪の奥野選手重体 | トップページ | 東北めぐり19 ② »

2007/08/28

東北めぐり19 ①





・・・・・
・・・


ただただ、ひたすらハシッてきただけです^^;






25,26と久しぶりにマイペースな週末にしたいと思い、ソロツー行ってきました。
ちょいと仕事が残っていて
25日(sat)朝6時から会社でアレヤコレヤで9時過ぎに戻って・・・・・
さて、何処さ行くべ!?


っと、考えながら

大沢温泉・自炊部に空室あるか問い合わせると・・・・

やっぱり空きなし;;








「じゃらん」で探すと、やっぱり空室あった鉛温泉「藤三旅館 自炊部」^^

って事で、そっち方面に行く事になりました!




はい、
もうね、一番「奥州屋らしい」ツーリングです^^
行き先未定、ただハシリたいだけの出発です。




20070826_007












人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@homeゆわ









・・・・・
・・・

なんだかんだで、10時前に自宅出発。
東北自動車道を仙台南I/C→一関I/Cへと北へ進みます。

何箇所か多めの交通量でしたが、
天気も良く比較的空いている東北自動車道は気持ちよく巡航出来ます^^/

毎度思うのですが追い越し車線で後ろを見ないドライバーって時々います。走行車線が空いているのに戻らずそのまま追い越し車線を走ってるのですが、後ろについても譲らないのはワザとですかね?それとも知らないのか?? 結局走行車線から追い越していきます。

たまにはエンジン回してやんないとなぁと思い、久々に回転計の赤いゾーン手前まで回しながらシフトアップしていきます。 やっぱり はえぇ@O@!と思いながら久しぶりに思いきりカウルに伏せて走ってみました^^






んで、さて どーすんべかな?と思いながら、なんとなく平泉・中尊寺でも行って写真の1枚でも撮ろうか!って事で一関I/Cで降ります。 たぶん道混んでるだろうなと思いながら国道4号を北へ進みます。

!!、 
やっぱり混んでた;;
平日でも全国から観光客で賑わう場所で1本道の国道4号は慢性の渋滞道ですね;;

・・・・・
・・・

奥州平泉文化として、約百年におよぶ栄華を誇った地です。
日本最古の浄土式庭園が残る毛越寺や、中尊寺金色堂など藤原氏や源義経ゆかりの史跡や寺社が点在します。


また、松尾芭蕉の
「夏草や 兵どもが 夢の跡」
と詠った場所としても有名です。

・・・・・
・・・

えさし藤原の郷、一関エリアの猊鼻渓や厳美渓、と合わせて散策するのも良いですね! 花巻の宮沢賢治記念館も好きな方にはお勧めです。
(けっこう広範囲なので車必須です)




去年も見てるし・・・と思い、
結局よらずに^^;国道4号をそのまま進みます。
やっぱり平泉I/Cまで行けばよかった^^;
中尊寺前を過ぎると流れだします。早く国道4号のバイパス化して欲しいですね。

途中ガソリン補給(やっぱり結構食ってるな^^;)して、いつもの胆沢広域農道を北へ進みます。

20070826_01420070826_016








20070826_04020070826_042












この農道は国道4号と平行して通っており、信号も少なく坦々と走れる道で岩手県を抜けるのに良く利用します。トラック道なので、ハマルとペース落ちますがそれでも4号よりは楽に走れます。国道107号を少し抜けて、主要地方道13号&市道をあわせると、「平泉」から盛岡を迂回して「滝沢の分かれ」まで抜けられます^^

北海道ほどではありませんが、広大な牧草地の変わりに水田が広がります。
昔、なにかのキャッチコピーで「東北大陸から」とありましたが東北も地べた走ると広いですね^^
(JRでしたっけ?)

20070826_04520070826_050








20070826_05120070826_053
















んで、主要地方道13号を花巻で主要地方道12号・花巻大曲線に左折して少し走ると花巻南温泉郷に入ります。前回も早くついてチェックイン時間前に入室させて頂いた藤三旅館自炊部です。
事前に電話しましたが、今回も14:00前にチェックインさせて頂きました^^


鉛温泉 藤三旅館(←音出ます)は、約600年前に発見された温泉で、旅館部の建物はなんちゃらかんちゃら建築物で^^; 由緒ある建物です。 
でも・・・・ボロイですが・・・・(ボソッ)

そして、自炊部の建物はさらにボロく、趣があるとかないとかを超越しております^^; 基本的に窓の役割をしていない木枠の外窓は隙間だらけですし、入り口の扉はきちんとしまらず鍵も無いです。
あいかわらず廊下の景観は網走で見た監獄と似てますし・・・^^;

でもね、遊びで使うには実は結構気に入ってます。テントの設営撤収が無いだけ楽ですし、なにより好きなときにすぐ近くで温泉に入れるのは幸せですね!






チェックインして直ぐに河鹿の湯で汗を流して、とりあえずビールです。
明るいうちから飲むビール旨いですね!
いつものとおり真っ裸に浴衣です^^


一息ついてゆっくり読書タイム。
湯に何回か入るので、ビールは1本だけにして、買ってきた2ℓペットボトルの水を飲みながら、寝そべったりうつぶせになったりしながら、のんびり過ごします。












・・・・・

白猿の湯
2回目の女性タイムが15:00に過ぎるのを待って、再び湯に浸かりにいきます。

ここは1.25mの深さの湯船で場所によっては立った状態で肩まで浸かります。湯船の底から源泉が沸いている温泉で、やや熱めですが浸かっていると慣れます。小さい湯船はかなりぬるめの湯で、体を冷ますのにちょうど良いです^^

20060812_009








(↑昨年撮った写真です。宿の方に伺って入浴客不在の時に撮影。)






・・・・・
・・・

部屋に戻って、
そのまま畳のうえでごろ寝して・・・




20070826_063
















気づいたら夕食の配膳が始まってました^^

このダラダラ感が気持ちよいですね。








自炊部ですが、2食・布団セット・TV付のパックです。
じゃらんだと¥5,600円程度ですが、直接申し込んで必要なものだけを頼むともっと安くなりそうです。浴衣は+¥200円です。


20070826_065
















優雅&豪華に過ごしたい方には旅館部をお勧めします。
(っか、大沢温泉の山水閣や菊水館のほうが良いかも)




夕食が終わるとまた何もやることが無くなり、
再び読書。

窓と入り口の扉を開けたまま布団をしいて、その上で読書です。
廊下からも 隣の建屋からも 見られますがお互い様なので気になりません。

読書に飽きると、湯に向かいます。






15分浴場、1時間読書、を繰り返しながら11時過ぎてました。
( ・・・、そんな定期的に行くわけもなく適当ですが^^ だいたい そんな感じ )


自販機から缶ビール2本買ってきて、飲みながら読書・・・・






・・・・・
・・・

この日は持ってきた本1冊読み終えて1時前に就寝です。

20070826_072
















1人の時間をのんびり過ごした1日でした^^








25日の走行
9:50~13:40   196km
給油1回


( そのうち、②へ続く・・・鴨 )




人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@homeゆわ









________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
            東北めぐり18        東北めぐり19 ② 
________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________





|

« 二輪の奥野選手重体 | トップページ | 東北めぐり19 ② »

コメント

なんとも胸のすく風景ですね。

>「平泉」から盛岡を迂回して「滝沢の分かれ」まで抜けられま
!知らなかったです。ここらへんのR4ってオービスがあったり
白バイが結構走っていたりしますものね。
出来ればR4は避けたい。

滝沢の「分かれ」懐かしい。その交差点の標識がくっきり
頭に浮かびますよ。
学生時代、ゴリラであちこち走ったのが懐かしく思い出されました。

鉛温泉の藤三旅館の浴室&浴槽は歴史が感じられてステキですね。

私もツーリング先の宿泊する温泉宿で、いつもちょっと
早めについて、ごろごろしたり、本を読んだり、
温泉につかったりうだうだしてるのが好きなんで、
なんか分かるな~。

私の今年の夏の休暇は、温泉療養。
飯豊温泉の川入荘に3連泊。(ある意味ゼイタクですよね)
本をたくさん持って行って、ごろごろしながら読みふけり、
風呂につかり、飽きたらブナの森を歩いて散策しようかな
などと。
なんかとしよりっぽい~笑

投稿: くに | 2007/08/28 23:01

行き先をきめずにでかけるなんて、贅沢かもしれませんね。
しかも、宿の過ごし方が大人の贅沢って感じですね。
羨ましい!
いいっすね~(◎ ̄▽ ̄)

投稿: いちもんぢ | 2007/08/29 17:45

くに さん、いらっしゃいませ^^
飯豊温泉の川入荘に3連泊ですか!すげー羨ましいです!!
1っ箇所に長く滞在するのって贅沢ですね。よく釣りなんかで定点キャンプします。
小国町もしばらく行ってませんが昔、白い森キャンプ場を何度か利用したことがあります(釣りのベースキャンプですが^^)。

温泉宿の連泊だと湯三昧&散歩三昧も素敵です。
手首も直ぐに治ると良いですね!

投稿: 放浪番頭@home | 2007/08/29 19:18

いちもんぢ さん、いらっしゃいませ!
今回は未だ良いほうで出発前に宿泊場所を確保してますが、だいたい行った先で聞いてたりします(案内所とかで・・・)

うろうろハシリ回るのも好きですが、ゆっくりと過ごすのも良いですね^^ 
車だと釣り道具一式しょってるので豊沢川の枝沢とかで遊べます。
今回は高速道路をハシリたかったのと、のんびりしたかった両方が出来てスカッとリフレッシュ出来ました^^

投稿: 放浪番頭@home | 2007/08/29 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/16245054

この記事へのトラックバック一覧です: 東北めぐり19 ①:

« 二輪の奥野選手重体 | トップページ | 東北めぐり19 ② »