« 仙台空港アクセス鉄道 | トップページ | 12R始動!^^ 2007 »

2007/03/23

温泉津温泉



泉薬湯 と 薬師湯 です。
(島根県大田市温泉津町)




・・・・・
・・・

いや^^; 
未だこっちでドタバタしてるんですがネ・・・
ちょこっとリフレッシュがてら行って来ました。





温泉津温泉(ゆのつおんせん)は某どっちの・・TV番組で観て一度行ってみたいと思っていた温泉です。 「ゆのつ」とは読めませんでしたが^^;

2つの共同浴場は朝の5時から開いているとの事で、6時に温泉街についたのですが、既に地元のおじいちゃん達でいっぱいでした^^。


まずは元湯 泉薬湯から

20070321_002Main








湯舟の写真はHPからです。


1300年の歴史があり、薬効の高さから湯治場としても人気があるようです。入浴者がいたので写真は撮りませんでしたが、湯舟の周りにややオレンジがかった茶色の析出物がひろがっていてナカナカ趣のある浴場です。熱い湯舟と、適温の湯舟に分かれていて適温の広い湯舟の一部は座湯として浅い底になっています。茶褐色の濁り湯で特に匂いはありません。 源泉湧出直後は無職透明との事です。

泉質 : 含土類食塩泉
      (緩和性、等張、高温泉特にアルカリ金属を多量に含んだ食塩泉)

熱い湯はケッコウ熱いのですが、おじいちゃん曰く、今日は休日(21日)で観光客が多いから(温度を)下げてるとの事。 これ以上熱かったら入れないべ^^; でも、かけ湯には良いです^^






続いて、


薬師湯です。

20070321_01620070321_005








明治5年(1872年)の浜田大地震で大量に噴出し始めた温泉なので、震湯とも呼ばれているようです。写真右の古い洋館は大正8年に建てられた薬師湯の旧館?のようです。現在は震湯ギャラリーとなっているようです(朝早くて閉まってた)

薬師湯は全国で12箇所(11箇所から増えた?)しかないオール5の天然温泉だそうです。 ←良く解りませんが^^; 社団法人日本温泉協会でやってるらしい!?



泉質 : ナトリウム・カルシウム一塩化物泉(等張性中性高温泉)




20070321_01020070321_012








                       こんな湯舟です^^↑


ここも湯舟の周りにオレンジっぽい茶褐色の析出物が固まってます。
湯の注ぎ口はナマズでした^^

脱衣所の長イスが良い感じです! 
家のベランダとかに欲しくなってます^^






20070321_01320070321_015








薬師湯の建物は最近化粧直しとかしたのでしょうか?概観は綺麗でした^^
2階と屋上に休憩できるテラスがあって、温泉津温泉街の町並みが見渡せます。
なんとか瓦^^;が有名なようです!




近くの温泉津湾は、石見銀山の銀を運び出した港のひとつで、北前舟も行き来していたようです。温泉街も当時の面影が残っているのでしょう^^。


ちょこっとリフレッシュでしたが、午後から仕事復帰;;
今週末は帰るぞ!




人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@出雲




|

« 仙台空港アクセス鉄道 | トップページ | 12R始動!^^ 2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/14357349

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉津温泉:

» 人気温泉はどこ?全国人気温泉地ランキング [人気温泉はどこ?【人気温泉地ランキング】]
じゃらんより発表された人気温泉地ランキングを公開しています。是非、お越しください!! [続きを読む]

受信: 2007/04/01 16:37

« 仙台空港アクセス鉄道 | トップページ | 12R始動!^^ 2007 »