« 湯田川温泉 | トップページ | 12R改・・・の妄想^^; »

2006/12/07

日航123便墜落事故 1985 御巣鷹山

隠された証言―日航123便墜落事故」 
藤田日出男 著

を、読みながら、・・・今日も飛行機移動してました。

毎月数回は出張で利用している 時間効率上とても便利な空路移動です・・・が、
正直ですね、高い所は好きじゃないんですヨ^^;
やっぱり怖いんです。
高い所と、高い所から落ちる事が・・・・・
・・・


ライト兄弟の世界初の動力飛行成功から100年とちょっと。

・・・

あの1985年8月12日御巣鷹山の日航123便墜落事故は、大学1年の夏バイト帰りの下宿で TVニュース速報で知りました。










事故から21年以上経ち、様々な真実が出てきています。しかし最初の事故報告とは矛盾の多い内容ばかりです。当初から指摘されていた矛盾が大半の様ですが・・・。
自衛隊の不可解な動きや、ボーイング社のまさに現代アメリカンな利権絡みな対応、事故調の意味無いじゃん的小役人ぶり・・・
緊急事態時の、人名救助優先な精神は現場の人間しかなかったのか?指示を出した人間はだれだ?・・・と不可解な事ばかりな”事実”です。


・・・

>フライトレコーダーに記録されている激突直前の姿勢は、機首下げ42.2度の傾き、
>右に131.5度、記録されている速度は263.7ノット(約 時速490km)。
>ほぼ裏返し状態で・・(省略)・・ 尾根に激突した。

本書に記載・表現されている事故現場の状況も”文書”だからイメージするしかないですが、相当悲惨な墜落現場だったようです。現場写真は見たくないな。(当時、写真週刊誌には載ったかもしれませんが)
ボイスレコーダー(←音でます)など、カナリ生々しい内容までイロイロと沢山ネット上で公開されています。

520名の死者を出した、世界的にも最大の航空機事故は未だに真実が解明されないまま、再調査の必要があるにも係わらず公式的には放置され現在に至っているようです。

事故調査と犯罪調査の分離(←すいません、ボキャブラリが少ないのでこの単語にしました)を著者は主張しています。
次世代への事故防止の為の原因究明(事故調査)と、これだけの被害をもたらした責任追及(犯罪調査)は一緒ニスベキデハ無いと。(現在の状況は解りませんが・・・)


この本を昨日から読みながら、ANA797便(福岡→仙台)で今日帰って来たのですが、とにかく飛行機の安全性を!!!と願う番頭でした。




人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home







↓さくっと検索しただけでも関連HPはたくさん出てます。
http://www.jalcrew.jp/jca/ 左の「事故調査関連」→「123便事故1985.8」

http://www1.odn.ne.jp/~cck42770/Main0.html




|

« 湯田川温泉 | トップページ | 12R改・・・の妄想^^; »

コメント

123便ってまだ真相究明されてないのですか!
伊丹で尻もち突いた機体ですが、直接的にはボーイング本社による圧力隔壁の修理手順(リベットの打ち方だったかパネルの合わせる順番だったか?)のミスだったと記憶しているのですが、もみ消された?
そう言えばバックアップ含めて3系統ある油圧ラインが垂直尾翼付け根付近では何故か1箇所に集まっている、という初期747の構造的欠陥も指摘されていました。

高所、も怖いですが旅客機の“車体剛性”(?)の低さも嫌ですねw

投稿: Gotaro | 2006/12/08 02:11

GOTAROさん、いらっしゃいませ!
私も圧力隔壁のトラブルだと同じ認識でしたが、政府(運輸省)による事故調査委員会の報告は 当時から関係者や専門家の間では認められていなかった様です。
・当時としてはボ社≒アメリカ国家(日本政府では)のような背景があったかも?
・ボ社としてはあくまで「事故機固有の問題」として処理したかったのかも?
・事故調としてもお上サイドからの圧力があったのかも?
全ては不明であくまで個人的想像ですが・・・、

公式発表されている圧力隔壁破壊による原因では無いと、状況証拠や生存者の証言により、”当時から”言われていたようです。生存者(当該機搭乗のCA)の「急減圧は無かった」等の証言を聞いていたにも係わらず事故調は黙殺していたようです・・・。

投稿: 放浪番頭@home | 2006/12/08 17:50

PCがいよいよ逝ってしまい間が空いてしまいました。。。

なるほど急速な減圧は発生していなかったのですね。
明くる日のニュースで、偶然撮影された垂直尾翼の【上半分】が付いていないジャンボの飛行する写真が公開されていましたが、隔壁破損箇所からの圧力で垂直尾翼が吹き飛ばされたとする説(柳田邦夫さんだったかなぁ)となんか壊れかたが矛盾しているとは思いました。

何か、発表できない黒いモノを感じますね・・・・・数ヶ月後に発表された横田基地とのやりとりも変でしたし。
確か“身元不明の外国人”が数人居たと思うのですが・・・・・テロだったりして(それか今話題のスパイ!?)。

投稿: Gotaro | 2006/12/14 14:39

GOTAROさん、いらっしゃいませ!
何かが隠蔽され捻じ曲げられた感じがしますね・・・
他にも当時演習中だった自衛隊の流れ弾に当たったとか、イロイロな噂が出ていたようです。

当時、ニュースからワイドショウまで暇さえあれば見ていました^^;
学生の頃は他人事のように思ってましたが、今ではしゃれになりません;;

投稿: 放浪番頭@仙台 | 2006/12/15 17:53

http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1163754221.jpg
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1163939177.jpg
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1163841236.jpg
運輸省事故調査委員会報告書の写真です。
「きれいな爆弾」の現実です。地獄です。このような核兵器は廃絶すべきです。
これがその「瞬間」に中性子線によって圧力隔壁という金属に金属疲労として投影された
「映像」です。
我々はこの現実に目を背けるべきではありませんし二度と繰り返してはなりません。


放射線強化型水素爆弾による地獄の瞬間は地上にも放射されました。下部組織に刻
印されているためいたるところで見られます。

http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1166080689.jpg
http://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/1901rjtt-to-roah/1810651.jpg
乗客は「きれいな爆弾」により昇華されました。この惨状が正当化できる理由はありえませ
ん。被弾の瞬間の機内の「映像」は限りない悲壮に満ちております。「きれいな爆弾」の地
獄が繰り返されることがあってはなりません。

投稿: http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1163754221.jpg | 2006/12/17 10:46

http://gray.ap.~さん、ようこそいらっしゃいませ!

・・・ 。

このような「乗り物」が内に外に爆弾と成りうるのは恐ろしいことです。特に飛行機の場合は乗客はもちろん、落下場所によりその被害は甚大となりますね。2度と繰り返さない為の対策を切に願います。

投稿: 放浪番頭@home | 2006/12/17 16:30

日航ジャンボ墜落につきまして
中性子爆弾を受けて垂直落下したものです。

投稿: 日航ジャンボ墜落につきまして | 2007/02/18 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/12963083

この記事へのトラックバック一覧です: 日航123便墜落事故 1985 御巣鷹山:

« 湯田川温泉 | トップページ | 12R改・・・の妄想^^; »