« 12R 冬眠にはいる!2006 | トップページ | ひっつみ »

2006/11/17

椿山課長の七日間

浅田次郎氏の小説が大好きでいろいろと読みあさっています。

この「椿山課長の七日間」も好きな作品の1つです^^
ただ、ファンには賛否両論な1冊かもしれません。



人間、
自分が周りからどう見られているのか、
気付かない所で他人にどんな影響を与えているのか、
・・・

ま、
気にしてもショウガナイ事もあれば、
少しは周りを気にしないとイケナイ事など・・・
いろいろあります。

自分にとってプライオリティの低い事でも、
側にいる人にとってはとても大事な事だったりしてネ。




ここに出てくる椿山課長46歳(デパート勤務)は死んでから、自分の犯した気付かなかった罪のために天国にいけなくなってしまいます。 その罪を確かめるために(他にもやらなければならない事の為に?^^;)現世へと戻ります。

・・・・・
・・・

浅田ワールドの一つではありますが、家族のつながり、男女の愛情、やっぱり「昔気質のそっち関係の人々^^」と出てきます。映画の中では、椿山課長46歳は西田敏行さん→伊東美咲さんのようです^^。 

明日11月18日(土)より全国ロードショウ!

Intro_ph1Intro_ph2












人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@南アルプス





こんなのも出ているようです^^/

|

« 12R 冬眠にはいる!2006 | トップページ | ひっつみ »

コメント

おばんです!
記事とは関係ありませんが、とあるHPサイトのBBSに身に覚えの無い書き込みが「放浪番頭」の名前で記載されていました。お決まりのワンクッションをおいてこのブログに飛んでるコメントでした。そのサイトの管理者には迷惑な事だけに悲しいやら頭に来るやらで・・・
今更ネットのモラルを!と言っても・・・と思う反面、やっぱり最低限のマナーを実行しようヨ!!と一人一人が言い続けて行かないと駄目なのかなと思いました。

投稿: 放浪番頭@南アルプス | 2006/11/17 23:49

 小生も「浅田次郎」の大ファンであります。
特に好きなのは「天切り松闇かたりシリーズ」
粋でいなせで、義理と人情の世界、いいですねえ。
胸があつくなります。
新刊の「中原の虹」は「蒼穹の昴」の続編らしいですね。
大いに期待しています。

投稿: やまちゃん | 2006/11/18 19:53

やまちゃん さん、ようこそいらっしゃいませ!
「天切り松闇かたりシリーズ」大好きです^^
ほかにも「きんぴかシリーズ」や「プリズンホテル」、「鉄道員(ぽっぽや)」なんかも好きです。メトロ~とかいろいろありますね。

ブログはゆっくり楽しみましょう!^^
楽しいときにイロイロ覚えると速いです!

投稿: 放浪番頭@home | 2006/11/18 23:01

こんばんは~(^^) あっ、つい昨日、手を伸ばしましたが違う本かっちゃいました(汗
でも、鉄道員(ぽっぽや)や先日地下鉄(メトロ)に乗ってを読みましたが
あの、心地の良い異次元観が結構好きです。
僕の今後の本読みリストに追加させていただきま~す。
「天切り松闇かたりシリーズ」もだな。

投稿: nin | 2006/11/20 00:02

NINさん、いらっしゃいませ!
出張が多いので移動中は資料作ってるか本読んでるかです。
「鉄道員」「地下鉄に乗って」「日輪の遺産」「活動寫眞の女」などのジーンときたり、シリアスなモノも良いですが、個性豊かな愛すべきキャラクター達が出てくる「きんぴかシリーズ」「プリズンホテル・春~冬」も大好きです。

天切り松こと村田松蔵が語る闇がたりも粋な語りで引き込まれます^^。
標準語ではない、江戸弁の語り口調って好きです!

投稿: 放浪番頭@home | 2006/11/20 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/12724313

この記事へのトラックバック一覧です: 椿山課長の七日間:

« 12R 冬眠にはいる!2006 | トップページ | ひっつみ »