« 北海道2006夏④ | トップページ | 北海道2006夏⑥ »

2006/07/26

北海道2006夏⑤

7月19日(水) ・・・前編

まだちょっと曇ってますね。海辺のキャンプ場は朝から穏やかな雰囲気で、椅子にすわりながら”ボーっ”としてしまいます。 コーヒーを淹れて、ゆっくり朝のオホーツク海を望みます。


久しぶりにユックリ起きたので(って、朝の7時^^;)、動き出したのもゆっくり。
とりあえず車内の荷物を整理しなおして9時前に出発です!




20060719_152








国道334号 知床半島を進みます。
今日のオホーツク海は穏やかですね。太平洋育ちの番頭としては何となく物静かな感じがします。




何度目かの「オシンコシンの滝」!
20060719_161








岩盤をなめながら落ちてくる滝ですね。途中で2つに分かれますがソコソコ幅のある滝です。
滝をみると、そのうえがどーなっているのか知りたくなりません?^^ 
って、ググってみるとやっぱり有りました^^。 旧道があるのですね! うーん!知っていれば!! 今度行くときよろう^^。
知らなかったのですが、駐車場脇の売店の猫は最近有名!?らしいです^^;。(←マイフォト)





ウトロは相変わらず混んでました!。 観光船に乗ろうか迷いましたが、4時間/¥6000円とかで止めました。(硫黄山コースとか半分くらいのコースもあります!) 今回は寄りませんでしたが、漁協婦人部食堂とかで食事するのも旅の思い出になると思います。 この辺のキャンプ場って利用した事無いのですが幾つかありますね。

んで、今年も行けませんでした;; カムイワッカ湯の滝
約10年前初めて行ったときは既に夏季期間マイカー入場規制されていてシャトルバスでの入場でした。 以降、何度か夏に来てますが毎回面倒で(往復1180円だすのもイヤで)行った事がありません;;。 今年は工事規制で通年通行止めのようで、期間限定のシャトルバスのみで行けるようです。
シャトルバスは、知床自然センターから出ています。
ちょうど時間があったのでダイナビジョン上映「知床の四季」を観ました。大きなスクリーンは迫力があります^^。
(でも、一回観れば十分鴨^^;)
売店で変なグッズを発見!(←マイフォト)

20060719_168_120060719_170














知床五胡は今回パスして知床横断道路(国道334号)を進みます!
やっぱ、此処良いね!!^^
20060719_17520060719_178








20060719_18520060719_197








やっぱりこの道路はウトロ側から上る方が好きです。途中からペタペタ寝かせてハシレるコースとなります^^/(写真は直線だけですが・・・、って車ですが^^;)
7合目あたりからガスって知床峠では山は全然見えませんでした;;
ちなみにバス亭があります!^^。

羅臼側下りは所々ガスっていてゆっくり下ります。所々雪渓が残ってました!




途中、国設羅臼温泉野営場によって、熊の湯に入ります^^。

野営場は、テントキャンプより、駐車場のキャンピングカーや、ミニバンキャンパーの方が多かったです。バイクは1台しかいませんでした(昼前ですが)。おー!いすゞのビークロスがいる!^^。(←マイフォト)

んで、無料の「熊の湯」ですが、アヅイィ!!! 

が、一回入れば・・・・・
なんとか・・・

・・・

なんねーよ!
アヅイ!!
3秒でOUTです;;

先客達は服脱いで・・・足だけ入れて帰って行きました;;

が! 熱い湯好きの番頭としては再チャレンジ!
20060719_20820060719_205








20060719_209








ま、普段、秋保の公衆浴場で熱い湯には慣れているので入り方は心得ております。(が、此処はかなり熱い^^;)、と言ってる間にダンダン慣れてきました^^; 後から来たライダー2人も気合で入ってました!^^

此処、熊の湯は地元ボランティアの方々がメンテナンスされていています。観光客の皆さんも綺麗に利用させてもらいましょう! 脱衣所には「熊の湯入浴十カ条」がありますので良く読んでから入りましょう!^^
女湯もあります。
20060719_210












羅臼市街を一旦抜けて相泊へ向かいます。
途中、「北の国から2002遺言」の撮影現場になったという天狗岩あたりを見て、進みます。
熊の入った家もあります^^


セセキ温泉はパス!。

相泊温泉に入ります。
20060719_23620060719_237








ここは、湯舟に浸かると海は見えませんが波の音が良いです^^。 熊の湯でなれたおかげ?で、かなり快適な湯です^^(そこそこ熱めですが) 湯舟の底から源泉が湧いているようです。 スノコが下に敷いてあって石で押さえています^^。
オープンスパ!ですが、ここも男女別です。


駐車場に戻って涼んでいると、なにやら監視員らしい女性が双眼鏡(←業務用っぽい!)で暫く海を見渡しています。国後方面?とも思いましたが、密漁?密入国?の監視っぽい・・・


んで、今日は何処まで行こうかマップル(2004)を観ながら暫し休憩。

・・・・・
・・・

とりあえず羅臼まで戻ろうかと^^。






この日は盛りだくさん!
後編へ続く!! (って、書く時間が無いだけだったりして^^;)
人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home





|

« 北海道2006夏④ | トップページ | 北海道2006夏⑥ »

コメント

知床横断道路いいですよね~。
私の2004北海道で唯一晴れたルートだったことも
あるけど、印象深いです。
熊の湯は確かに熱すぎ~!地元の人が後から
入ってきて、熱いからぬるくしていいよって
いってくれたので、バケツで水をがっぽがっぽ
いれて入りました。((ちょっとぬるくなっちゃった 笑)
その後のルート、私も同じで、セセキ温泉はパスで、相泊に入りました。
その時は、小屋はなかったな・・。

投稿: くに | 2006/07/26 22:36

羅臼国設キャンプ場はライダーに人気でした(私もよく利用しました)が・・・テントサイトもご覧になりましたか?バイクは乗り入れ可能ですから。
熊ノ湯は地元の漁師さんが管理しているので彼らに丁度良い温度に設定されてます(源泉は80~90度とか)。一般人が入らない早朝に入れ墨のおじさん達が掃除とかされていましたよ。
もともと湯船はひとつでしたが、やがて女湯が造られました。

宇登呂の自然観測船、小さい漁船(?)のほうはそんな高額ではなかったと思いますよ。

投稿: Gotaro | 2006/07/27 01:00

これがうわさのオシンコシンの滝ですね!
確かに日光の湯滝に似てるかも。

知床・・・・うらやましいだらけだ~~^^

投稿: ナコ | 2006/07/27 13:03

くに さん、いらっしゃいませ!
知床はホンの一部しか見れませんが、知床連山を縦走する方々もいて凄いことをする人達もいます。 また、漁師達が作業している番屋裏を羆が歩いていても無視する事でお互いが共存しているような事を聞いた事があります。実は凄い所(らしい)です^^。

熊の湯! 気合で入りました!。湯浴み数十回繰り返して!^^; 肌まっかっか!

相泊温泉は夏季の間だけ小屋を作るようです!。

投稿: 放浪番頭@home | 2006/07/27 21:13

ナコさん、いらっしゃいませ!
です!オシンコシンの滝!確か?以前話題になりましたね^^;。

知床に限らず、道東、道北と回ると日本の北に来たんだなぁと感慨深くなります^^。

投稿: 放浪番頭@home | 2006/07/27 21:16

GOTAROさん、いらっしゃいませ!
羅臼国設キャンプ場!たしかに、テントは幾つか(あちこち10個以上は)ありました!って、昼に走りにいったライダー達のかもしれませんね^^。 清掃協力金で¥300(←たしか?)となってました。

ウトロの観測船!いろいろ出ていて何処がどうなのかイマイチわかりずらいです。たしかに安いコースもありました!。一番奥(知床岬の先)まで行く便が4時間コースみたいです。

投稿: 放浪番頭@home | 2006/07/27 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/11108502

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道2006夏⑤ :

« 北海道2006夏④ | トップページ | 北海道2006夏⑥ »