« またしても;; | トップページ | 2006GW »

2006/04/29

東北めぐり9

先週の日曜日、とても気持の良い朝でした^^。
昼には渋滞するだとうと思い、朝6:30から出発です。

宮城県南です^^(かなりアバウト)
テーマは桜!(後付^^;)


この季節、朝早い時間の空気感が好きです^^。
夏の朝も良いのですが、少し寒いけどとっても爽やかです。

まずは、一目千本桜!を見に行こう! という事で大河原まで国道4号で行きました。朝のバイパスは信号のつながりも良く、楽しいペースで走れます^^。 すでに何組かのツーリング組もいました。
20060423_00520060423_002








白石川沿いにずーと満開の桜が並んでいます。 未だ白い蔵王も良く見えてますね。 船に乗って見上げるとカナリ気持良いそうですが、未だ船下りはした事ありません。 JRもこの時期徐行運転します。 さすがにまだ8時前なので混んではいませんでしたが、すでに場所取りが始まっていました@o@;


国道4号に戻って、いつも気にしているバイク屋さん。
20060423_029








20年近く前に郡山から八戸までAR125で往復したとき、交換したばかりのタイヤの調子が悪く履きなおしてもらったバイク屋さんです。 看板のVT250Fもだいぶ前からのっかてますが、かなりボロくなってますね^^; その前に何か乗っかっていたような気もしますが・・・


白石市街を抜けてまた郊外に出ると馬牛沼があります。昔からここの駐車場で休憩する癖があります^^;
桜も県南まで来ると満開になってますね^^。国道沿いのあちこちで桜並木が見られ、馬牛沼の向こう岸にも桜が並んでます。
20060423_033

「いずみ食堂」の看板と建物がいい味出してます。町外れの飯屋みたいな^^。






20数年前、健介と芙美子がクライスラー・コルドバで通った道です(たぶん^^;)。


白石市を抜けると福島県との県境を越えます。国見町に入ってすぐに国道4号から国見I/Cに向かって地方道46号に入ります。小坂峠を越えるこの道は七ヶ宿街道となります。
「七ヶ宿街道は、桑折(福島県)で奥州街道から分かれ、小坂峠を越え、山形、秋田、を経て青森に至る羽州街道の一部で、県内には上戸沢、下戸沢、渡瀬、関、滑津、峠田、湯原の7箇所に宿駅が置かれていました。 江戸時代には出羽国各藩の参勤交代路として重要な役割を果たしました。」との事です。

小坂峠を越えると赤い鳥居がたくさん並んだ万蔵稲荷神社があります。

20060422_008








ここから上戸沢までの道は長閑な田舎道ですが、それなりに曲がっていて2輪には楽しいです^^。 途中、白石湯沢温泉「旅館やくせん」の横を抜けて下戸沢の集落を抜けます。

20060423_037


此処まで降りてくるとまた桜も咲き出してます。
上戸沢に昔、検断屋敷という家があったそうな。今は修復して材木岩公園の方に移築しているそうです。








下戸沢を抜けると国道113号に出ます。数年前から拡張工事をしており、徐々に広い道路になっています。
国道113号沿いに小原温泉があり、スパッシュランドパークの芝桜を見ましたが、ちょっと早かったですね。
20060423_054










国道113号を鎌先温泉方向へ左折します。県道254号を進むと蔵王が近づいてきますね。弥治朗こけし村あたりの桜は綺麗に咲いていました。蔵王をバックに写真を撮ってる方々がいます。 
牧場の間をぬって蔵王高原を走るこの道は結構お気に入りです^^

20060423_070

飛行機雲が何本も見えます。 この日写した写真のほとんどに飛行機雲が写ってます。蔵王の上は仙台空港を発着する飛行機など、空の航路となっています。








突き当たり右に曲がり、地方道51号を抜けて国道457号を遠刈田温泉方面へ向かいます。このあたりの南蔵王高原の道が大好きで、温泉(蔵王開拓温泉とか^^)目的も含めて良く通ります。

遠刈田温泉街を抜け、エコーライン入り口の大きな赤鳥居を横に国道457号を走ります。九十九折の上りを過ぎると青根温泉街に入ります。最近新しい共同浴場が出来ました。足湯も幾つかありますね。

20060423_079


青根温泉は、歴代の伊達藩主が訪れた所です。










青根の別荘地を過ぎると、信号も無くそこそこのペースで走れます^^。事故に気をつけましょう。動物とか出たりします^^;

国道457号から右折して国道286号を川崎町内に向かいます。国営みちのく湖畔公園の桜はこの時はまだ少し早かったですね。七分咲きといった所でしょうか(今日は満開になってるようです)。全体的に”しだれ桜”はもう少しかかりそうでした。(今日からアラバキロックフェスですね^^行けないけど)

釜房ダム周辺の桜も綺麗でした。

20060423_087


写真右側には金山温泉があります。 釜房湖に入る太郎川上流は良く行きます^^。








ダムの上の道路を渡り、県道160号を通って秋保温泉街へ抜けます。160号はオモイッキリ波状路状態;;です。

んで、いつもの秋保共同浴場に入ろうかと思いましたが・・・
混んでたので止めました^^;
まっすぐ家に帰り、家の風呂でサッパリ^^!


久しぶりにバイクで4号を走りましたが、町をぬけた後の、町と町の間の道ってイイですね。
ま、田んぼと山しか無いのですが^^。




//~県道258号~国道4号~国道4号~国道4号~地方道46号~国道113号~一般道~県道254号~地方道51号~国道457号~国道286号~県道160号~地方道62号~国道286号~//

たぶん^^;160kmくらい(計測モレ)

6:30~14:30




GWスタート!^^
でも、GWって日本だけなんだよな・・・・
人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home


|

« またしても;; | トップページ | 2006GW »

コメント

 マメなレスがすばらしいです。
青根に新しい浴場ですか??
 行ってみたいなぁ・・・( ̄¬ ̄)ジュル
走れない私は
マメな説明のおかげで
なんだか一緒についていったみたいに
楽しめました♪

投稿: 忍 | 2006/04/29 23:35

忍さん、いらっしゃいませ^^
遠刈田温泉にも4月に新しい共同浴場「神の湯」が出来てます^^。

改めて思うのですが、文章ヘタです;;
幼稚園児の日記か?
と自分で思ってしまいます;;
でも、番頭が一番このブログ読んでるかも^^。

投稿: 放浪番頭@home | 2006/04/30 14:36

まぁたご謙遜を!
 十分素敵でございますよ♪

遠刈田にも新しい温泉ですか・・・(。_。 )φメモメモ

投稿: 忍 | 2006/05/01 00:12

こんばんは(^^) 桜前線GWにドンピシャですね~。
でも、例年よりは少し遅めですか?
“一目千本桜”は豪快ですねー、僕も一度眺めてみたいっす。マジっ。(ちょっと遠いか・・・。)

ちなみに、あの朽ち果てそうな?果てた?果ててる?
VTを「そろそろ降ろしてあげようよ。」
って思ったのは僕だけでしょうか・・・。
 
僕のは都内の桜見プチツーですが一応TBしときました(^^)

投稿: nin | 2006/05/01 02:11

忍さん、いらっしゃいませ。
どうもです^^。

このルートは温泉や観光地がたくさんあって楽しいです。夏は林道や渓流もお薦めです^^。

投稿: 放浪番頭@home | 2006/05/01 06:41

NINさん、いらっしゃいませ^^
TBどうもです。yu☆ninさんの後姿!素敵です^^

全国にも桜の名所はたくさんありますね。角館@秋田のしだれ桜も綺麗です(ちょうどGW中でしょうか)
VTは既に逝ってますね;;確かにちょっと悲しいです。写真では解り難いですが、屋根の上ではなく手前の1本ポールの上にのっかってます。(記憶違いかもしれませんが、以前はCB750Kだったような?)

投稿: 放浪番頭@home | 2006/05/01 06:52

こんにちは。

GW始まりましたね。こちらは昨日コバルトラインを走ってきました。眺めも良く、路面状態も良いので楽しめました。オススメの道などがありましたら、ぜひ教えていただけたら幸いです。

投稿: kyazupon | 2006/05/01 16:17

KYAZUPONさん、いらっしゃいませ^^
こちらに来てるようですね。コバルトライン良いですね^^

ちょっと遠いですが、R115土湯峠(福島市)とか良いですよ。750^^とかリッタークラスはお奨めです。GW中混むとつらいですが・・
そのまま猪苗代湖とか抜けられます。(桧原湖方面・西吾妻スカイバレーも楽しいですが、未だ冬季閉鎖中かもしれません)
蔵王エコーラインも昼のみ開通したようですが、GW中は車の行列覚悟です。

投稿: 放浪番頭@滝沢村 | 2006/05/01 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/9808787

この記事へのトラックバック一覧です: 東北めぐり9:

» 桜・お花見 [忍ZEP家]
みなさんはお花見行きましたか? 僕の場合、お花見と言っても桜の木の下で宴会って [続きを読む]

受信: 2006/05/01 02:10

« またしても;; | トップページ | 2006GW »