« SENDAI 光のページェント | トップページ | 忘年会 »

2005/12/15

過去の事故考察

うー、寒ぃぃ。
いよいよ冬本番といった所でしょうか。北海道や北東北に比べれば暖かいハズですが、寒いモンは寒いです;;
さて、ネタもそろそろ無くなって参りまして、昔のバイク事故でも思い起こしてみましょうか・・・・

番頭、単独スリップダウンによる所謂”コケた”事は何回か(も?^^;)あります。 まー、たまたま運が良かっただけで他車との接触や巻き込みは無く、怪我も打撲・擦り傷程度でした。 だいたいが自分の能力以上に気張ってたり、状況判断が甘かったりしたのが原因です。

それとは別に、4輪との接触事故が2件あります。いずれも4輪側の2輪発見の遅れ、または見ていなかった事が原因でした。

1件目は、右直事故。
jiko1












交差点での事故が多いですが、番頭の場合は幹線道路を走行中、横道から右折で出てきた4輪に直進していた番頭が突っ込んだケースです。 片側2車線、中央分離帯の無い幹線道路の右側を約60km/h+で走行していました。左側車線をその横道に左折しようとしている2t箱トラックがいて、右側を通過しようとした時、突然目の前に白い乗用車が出てきました。

乗用車の右前輪とその前部フェンダ下にNSRの前輪が潜り込むような感じで突っ込んでました。番頭は反対車線30mくらい滑って停止。

NSR250Rのブレーキ痕は2m程ついてました。 結果的に、衝突前に自ら転倒した事が衝突・空中遊泳を避けられたようです(といいますか、急ブレーキかけて右に逃げようとした所までは認識していますが気付いたらバイクが無かった^^;)。 しかし、対向車がいればアウトでした。 もう少し速度が速かったり、車が出てくるタイミングが遅くて、もろ直前に出てきていれば間違いなくモロ衝突・空中遊泳となりました。 事故処理にきた警察官に「よくそれだけで済んだねぇ。このケースでは意識あっても最低救急車コースだよ」と言われました^^; 幸い1週間の打撲で済みました。
不幸中の幸い?(今だから言えるけど)相手は某保険会社の営業車で、至れり尽くせりの対応をして頂きました^^。

2件目は左折車の巻き込み事故。
jiko2












片側4車線で結構交通量が多い時でした。流れはあまり速くなく20km/hくらいで、全体的に車間距離はあまり取っていませんでした。 RZ250で一番左側車線を走っていたのですが、いきなり前の車がウィンカーも出さずに左折しました。急制動したのですが、間に合わず、右ハンドル(ブレーキを握ったままの右手)と乗用車左後輪の上部フェンダが接触しました。転倒はしませんでしたが、右手薬指・小指の打撲/裂傷(結局小指の爪が剥がれた;;)となりました。何を考えていたのか素手でした。
そもそもウィンカーも出さずに急に曲がった4輪も悪いのですが、位置的に4輪の死角に入ってたかもしれません。番頭も注意不足でした。 渋滞気味の中、ノロノロ走行で前方注意力が落ちていました。(感じ的には、「あーかぶせてきやがったぁ」って思っていたらぶつかった)


車も良く利用するので、走行中 周りにいる2輪は結構注意して見ています。オートバイ乗っているから、見た目の距離感よりもずっと速く近づくと分かっています。しかし、オートバイで走った事の無い人は感覚的に分からないかもしれません。

現在、2輪は常時点灯になっています。車両仕様が常時点灯となった時 かなり物議があったと思います(番頭もそりゃ無いだろと思ったし、タンデムしていると対向車が眩しくなったりするなど、もう少し検討が必要かな)。
でも、自己防衛する意味では大事だと思います。いくら相手が悪くても痛い思いをするのはライダーなので少しでも危険をなくする意識は大事ですね。 まー命あっての喜怒哀楽ですから^^




吉牛、復活の兆! 米国よ、あんたは信用していい国なのか?
人気Blogランキング(バイク)。
とりあえずm(--)m  放浪番頭@home

|

« SENDAI 光のページェント | トップページ | 忘年会 »

コメント

ほんと痛い思いをするのはバイクなので、
注意しなくてはなりませんよね。
通勤してると結構ひやっとする場面が多いです。
車の人って、小さく見えるバイクの速度が読めないことが多いような気がします。
右折車がありえないタイミングで突っ込んでくるんですよね。。。

投稿: くに | 2005/12/15 01:47

くに さん、いらっしゃいませ^^
どっちも10年、20年近く前の事故です。交差点の右折直進や左折巻込は、2輪4輪の事故で今でもよくあるパターンだと思います。やっぱり4輪を運転していると2輪の動きって速いんですよね。
結構気合の入っている時は案外事故ん無いですが(やっちゃうとデカイけど)、意外と流れに乗って走っているつもりでボーとしていると引っ掛けられてしまいます。

投稿: 放浪番頭@home | 2005/12/15 09:38

こんばんは。

事故に遭うと、必ず入院と手術が必要な事態になってます。番頭さんではありませんが、事故の分析を行って再発を防ぐ努力をするってのは、かなり大事ですよね。

…それでも事故には遭うわけで、それが辛いですね。

投稿: kyazupon | 2005/12/15 22:45

番頭さんは左コーナーでバンクさせすぎて、一人で滑って、ガードレールに愛車をぶつけたことがありますか?

投稿: jun | 2005/12/15 23:18

KYAZUPONさん、いらっしゃいませ^^
誰も好きで事故る訳では無いのですが、どうしても起こってしまう時はありますね。ホントに一瞬の対応の仕方で被害の差が大きく変わったりすると思います。事前に出来るちょっとした差(装備だったり、車の後ろを走るときは死角に入らないようにしたり、ライト点灯・・とか、)で被害が小さくなる場合もあると思いますので日ごろから心がけるようにしたいと思います。

投稿: 放浪番頭@home | 2005/12/16 00:04

JUNさん、毎度^^
え!そんな事ありましたっけ^^;
(同じところでARでもコケてたりして^^;)

此処でしょ ↓

あ、コメント欄に写真入らないや・・・・
マイフォト(臨時ギャラリー)に1wくらいのっけてみるね。
***終了しました***

投稿: 放浪番頭@home | 2005/12/16 00:09

こんにちわ!
バイクの(相手がいる)事故は5回経験しております。そのどれもが違うパターンでした。そのうち2回救急車で運ばれました(比較的軽症でしたけど)。

すべて仕事中スクーターでの出来事で、さすがに5回目の事故以来バイクで仕事するのをやめざるを得ませんでしたね。
原因は様々ですが、全てに共通するのは私が時間的にあせってたり、仕事が気になってたりしていたという事実。大方相手が悪い場合ばかりでしたが、こっちももっと気をつけていたら事故は回避できたかもしれません。

事故は痛い!心も体も!!なぜか懐は暖かくなりましたが(笑)。
でも、ほんと事故はもうこりごりです。

投稿: VAN | 2005/12/16 14:50

VANさん、いらっしゃいませ^^
仕事でバイクを乗られている方は大変ですね。都市部では、機動性や渋滞対策で利用している所もあると思います。
番頭も時間に追われていると周りが見えてなかったりします。
確かに、事故はこりごりです。結構落ち込むンですよね。

そろそろ回復力も無くなってきましたので^^;更に慎重に運転するようにします^^

投稿: 放浪番頭@仙台 | 2005/12/16 19:07

こんばんはーヽ(´ー`)ノ

なんだか図解の「番頭さん印」がカワイイ(*´∀`*)

u-hiは事故に遭ったことないけど、友達が事故る度に「何故、お前のようなヤツが無傷なのに・・・」と言われます(ΤДΤ)
まぁ、運がいいだけだとは思っているけど、u-hiなりに気を付けているのになぁー。

投稿: u-hi | 2005/12/16 21:23

u-hiさん、いらっしゃいませ^^
昔からバイク乗りの間でも言われてますが「無事これ名馬」。

運も重ねれば経験になるんじゃないかな^^。
経験を重ねる前に逝っちゃった奴もいますが、自分なりに気をつける気持が大事だと思います。

投稿: 放浪番頭@home | 2005/12/16 22:43

こんばんは 初めまして
いわゆるサンキュー事故を間近でみたことがあります
そのときは、バイク対バイクでした

親切で譲ったのにそれが事故の原因になるなんて・・・油断大敵ですね

投稿: naoya | 2005/12/16 23:24

NAOYAさん、ようこそいらっしゃいませ^^
(ココログで拝見させて頂いておりました^^。)
サンキュー事故も2輪に多い事故ですよね。普段はあまりすり抜けしない方ですが、たまに凄い速度ですり抜けていくバイクがいます。
その場面だけをみると(自分から見て)以外な行動をする人(相手)が居ますが、案外全体の流れから見ると”自分が以外な行動”をしている場合もあると思います。

投稿: 放浪番頭@home | 2005/12/17 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79233/7625425

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の事故考察:

« SENDAI 光のページェント | トップページ | 忘年会 »